市議会より

久野議員(寝屋川市)

 

初当選からはや2年が経過し、直近の1年はコロナ禍の中、手探りで確かな医療情報、経済実態をつかみながら施策につなげて参りました。今後も女性・生活者視点から、寝屋川を働く女性が住み続けたい街No.1を指標に、子どもからお年寄りまで、みんなが主役のまちづくりを掲げ、働く仲間の代表として、自ら動く・聴く を基本に、豊かな暮らし・魅力ある暮らしを皆さん一緒に創ってまいります。


品川議員(大東市)

今回は本市の家庭教育への取り組みについて報告させて頂きます。

 

本市ではコロナ禍での学校教育への不安や教育格差が問題視される中で、GIGAスクール事業を始め、オンラインでの家庭学習の推進を進めているところであります。


番匠議員(枚方市)

4月15日(木)は、2つの雨水ポンプ場を会派(野村議長、奥野議員、漆原議員、番匠)で視察しました。1つ目は、昨年に拡張工事が完了した新安居川ポンプ場、2つ目は今年度から管理を民間に委託している蹉だポンプ場です。

 


藤本議員(四條畷市)

コロナ禍の中、解雇・雇い止めや女性の自殺者数が増加するなど、コロナ禍による激震が続き、所得にも大きな影響を与えております。そのことから、頻繁に臨時議会を開催し、市民の皆さまの不安を和らげれるよう順次対応しております。

 


奥野議員(枚方市)

4月15日(木)は、2つの雨水ポンプ場を会派(野村議長、奥野議員、漆原議員、番匠)で視察しました。1つ目は、昨年に拡張工事が完了した新安居川ポンプ場、2つ目は今年度から管理を民間に委託している蹉だポンプ場です。

 


野村議員(枚方市)

昨年12月定例月議会最終日、連合河北地区協議会として「2021年度政策・制度予算に対する要請」を枚方市に提出しました。

 

 


板東議員(寝屋川市)

新型コロナウイルス感染症による、「外出自粛」「不要不急の外出抑制」という社会的要請を受けることは、私たちにとって初めてのことです。

 

 


高島議員(守口市)

皆様方には、平素より大変お世話になっておりますことを心から感謝申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 


番匠議員(枚方市)

11月18日は、北河内4市リサイクル施設組合 定例会に出席しました。北河内4市リサイクル施設組合とは、北河内4市(枚方市・寝屋川市・四條畷市・交野市)が協力して、ペットボトルとプラスチック製容器包装のリサイクルに取り組む施設、組織で、私は、枚方市議会の代表として議員を勤めております。


奥野議員(枚方市)

 10月15日、エルおおさかにて、2020年度の連合北河内地域フォーラム議員団会議が開催されました。

 

各行政区からの報告のなかで、今回、私の方から枚方市の議会報告を行いました。


野村議員(枚方市)

大阪市廃止分割に反対する行動も始まっています。ビラ配布など行っています。

 

8月28日、11区民主ネットワーク議員団の視察で大津市における京阪バスの自動運転バスの実証実験に参加しました。


板東議員(寝屋川市)

新型コロナウイルス感染症の感染者対応や拡大防止のため、国・都道府県・市町村の各レベルにおいて取り組みが進められております。

 

 寝屋川市議会においては、5月に3回の臨時会、6月定例会、8月臨時会、9月定例会というように、毎月のように議会を開催することで、その時々の課題対応と次に起こりうる事象への対策にスピードをもって取り組んでいます。

 


高島議員(守口市)

現在も収束の兆しが見えない新型コロナウイルス感染症の状況でありますが、全国的に第一波の時より多い日々の感染者数推移となっており、誰がいつどこで感染するのか分からない状況となっています。

 


中武議員(枚方市)

5月の開会議会において、「連合市民の会」の野村議員が議長に選出されました。我々も一緒に議会の活性化に向け活動を進めてまいります、今後も、ご支援よろしくお願いします。


番匠議員(枚方市)

新型コロナウイルス感染予防および感染拡大防止に向け、連合大阪の主催する集会、イベントが中止、延期されておりますので、今回の活動報告は、枚方市議会令和2年3月定例月議会での活動をご報告させていただきます。


久野議員(寝屋川市)

皆様のご支援を頂き、議員として1年が経ちました。今は新型コロナウイルスという見えない感染症との闘いであり、規制・自粛の毎日で、議員としても直接できることは限られており無力さを感じているところです。